GREETING

代表挨拶

「安心・快適・楽しさ」を、すべての人に。

私たちの“熱い”経営理念と経営精神

 当社の経営理念は「Humanism&Heartware」です。Humanism(ヒューマニズム)とは、ご存じの通り“人間性の尊重”といった意味の英語です。また、Heartware(ハートウエア)とは、heartとwareを合わせたオリジナルの言葉、造語です。平和商事がプロデュースする多種多様な設備機器(hardware:ハードウエア)とカスタマーとをつなぐもの――それが私たちのハートであるという考え方です。ハートには温度があります。私たちのハートは、少し熱いかもしれません。この先、いかに機械化が進もうとも、たとえAI時代が到来しようとも、常に真心でお客さまと接することを忘れない、人間味あふれる企業でありたい。人と人、心と心が通い合う、ハートウォーミングな平和商事でありたい。Humanism&Heartwareには、そんな思いが込められています。
 この経営理念を全社に浸透させるため、「ありがとうと言われるこころ、言うこころ」という経営精神を掲げています。この言葉の源は、お客さまに対してだけでなく、上司、部下、先輩、後輩、そして家族や友人など、自分の周りにいるすべての人への感謝の気持ちです。個々の人間が持つ体力や知力に、それほど差異はありません。が、心は違います。心は持ちようによって何倍もの違いが生まれ、大きなパワーとなります。その根源が「ありがとう」だと思うのです。

HEIWASHOJI, INC. のフラッグシップ・ブランド「ACT」

 平和商事は現在、パチンコを中心にボウリングやゲームセンター、カラオケ、インターネットカフェを運営する「アミューズメント事業」、カフェやワゴンサービスの「外食事業」、韓国家庭料理の「チェゴヤ事業」、不動産事業の「CUBE PROJECT」などを展開しています。その中でも、私たちの理念をより鮮明に具現化したプロジェクトが、「ACT(Amusement Complex Terminal)」です。アクトは、当社のアミューズメント事業と外食事業を融合させた“遊と食”の一大複合施設であり、老若男女を問わず、すべてのお客さまが安心して、快適に、楽しくお過ごしいただける自由空間です。おかげさまで大きな指示を頂き、ここ数年で滋賀県全域へ広がるとともに、当社のフラッグシップ・ブランドとして進化を続けています。

オリジナルの「ユニット経営」と「協育制度」

 ACTプロジェクトを内側から支えているのが、当社独自のマネジメントシステムを構築した「ユニット経営」です。その特徴を一言で表すならば、「全員参加型」であるということ。ベテランからニューフェースまで、全社員が適材適所で業務を遂行することはもちろん、一人一人が全体を意識し、経営感覚を持って、実際に部門や店舗の運営と経営に携わります。一人のスーパースターがけん引するのではなく、みんなでスクラムを組んで進んでいく。これが平和商事のスタイルです。
 社員のマネジメント能力を養うユニット経営は、「協育制度」とも密接につながっています。当社では、一方が教え一方が学ぶ教育ではなく、社員自身の育つ力、上司の育てる力、会社の育む力――この三つの力の相互作用による「協育」という独自の制度で人材育成を行っています。長期的には、三つの力が協力し、協調し、協働して、ともに成長することを目標としています。
 ひとつぶの種は、土と水と太陽の光がなければ花を咲かせることはできません。人も企業も同じではないでしょうか。私たち平和商事は、当社に関わるすべての人々とともに、豊かな未来を目指して成長していきたいと願っています。

OTHER CONTENTS その他のコンテンツ

CONTACT お問い合わせ

当社に対するご意見・ご要望、また採用情報やフランチャイズについてなど、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ